会社設立の選び方のコツに迫る!

Posted on 水曜日, 11月 14, 2012 in その他

今回は会社設立の活用法や選び方について、大事な条件を考えていきます。
まず、会社設立をどんな風に契約するのがよいのか、その方法を紹介していきましょう。

・説明が分かりやすい専門家がいる代行業者を選ぶこと
設立の準備や開業後に相談するときに、理解しやすいです。
・同年代の専門家を選ぶこと
同年代のほうが話がわかり、年齢差による力関係が生じにくいです。
・開業後も相談すると思われる分野について強い専門家を選ぶこと
労務管理、マーケティング、リスク管理など、将来困ったときに、その分野に強い専門家にいつでも相談できます。
・会社側の立場でアドバイスしてくれる専門家を選ぶこと
税務調査で会社側に立って動いてくれるため不安がないです。

また、親身になってくれないサービスの特徴についてもご紹介してみます。

・代行業者が近くにない場合があること
業者が都心部に多く、直接代行業者に会って依頼したい人は遠方へ出向く必要があります。
・着手後はキャンセルができないこと
依頼先を他の代行業者に変更したいと思ってもできません。
・設立業務を外注していることがあること
専門家が運営、あるいは常駐していない代行業者の場合、疑問に答えてもらうことができません。

最初は会社設立の依頼が不安だという方でも、このようなポイントを覚えておけばベストだと思います。
会社設立を依頼する場合、上に挙げたポイントをしっかり意識してみて下さいね。

会社設立お役立ちガイド
こちらの会社設立のサイトはとても参考になると思います。

大規模修繕選びの注意点と分類

Posted on 木曜日, 11月 8, 2012 in その他

最近、建築後年数がたち、老朽化した建物でも、安心して住めるようにしたいと思う方のほとんどが大規模修繕に興味を持っています。

大規模修繕を選ぶ時は、いくつか確認したいポイントがあります。
例えば建物の値段が上がる事です。
こちらは評判が高くなり人気もでる為ですね。
この他にも入居者が増加するため、景観がきれいになることも再確認するべき要点でしょう。

また、大規模修繕はこのような種類に分類する事ができます。

躯体補修
おおよそ10年~15年の周期で実施する、ひびわれ部分、コンクリート欠損部分などの補修工事です。
屋上防水・床防水
屋上の改善周期は12年~15年で、熱アルファルト工法、ゴムアスファルトなどのシート防水を使い、ベランダ・解放廊下の改善周期は10年~15年でウレタン塗膜防水や長尺塩ビシートを使用した補修工事です。
給水管設備の更新など
給排水設備の取り換え、システム変更などの工事です。
外壁修繕(タイル、塗装など)
だいたい12年周期で外壁の塗り替え、15年周期でタイルの張替などを行う補修工事です。
エレベーター修繕
エレベータ機能復旧工事です。

大規模修繕、流れの情報ならマンションの大規模修繕に必要なこととは
大規模修繕とメリットは